バラの剪定・誘引の様子


バラ(パレード)  冬の剪定・誘引が終わりました。

101.jpg


昨年の5月の様子です、今年も綺麗に咲いてくれることでしょう。

102.jpg


壁一面をおおうチクシノイバラ

103.jpg


チクシノイバラ 、アルベリック・バルビエの剪定の様子。

104.jpg


アオダモの花もたくさん咲きました。

105.jpg


アンジェラ 、サマースノー 、アルベリック・バルビエの剪定後です。

106.jpg


我が家で一番の古株、四季咲きのセプタード・アイル

107.jpg


セプタード・アイル 、メイクイーンの剪定後です。

108.jpg



ピンク色のドロシー・パーキンス

109.jpg



コンスタンス・スプライ 、アナベルなどの剪定後です。

112.jpg


オベリスクに剪定・誘引したエクセルサ

113.jpg

芝庭の管理を行ってきました。

西区  M邸

芝生の発育を良くされたいとのご依頼でした。



2014.4.20.1


予め、目立つ草を手作業で除草した後に、古くなった芝生や堆積物をレーキなどを使って取り除いていきます。


2014.4.20.2


枯れ草や堆積物をそのままにしておくと病害虫や発育にも影響するので、大事な作業です。


2014.4.20.3


次に芝を刈り込みます。


2014.4.20.4


芝刈り機の入らない場所は鋏などを使い、刈り込みます。

刈り終わったら、綺麗に刈草を掃除しておきます。


2014.4.20.5



次に行うのは【空気入れ】です。
エアレーションとも言う作業ですね。
文字通り、芝生の下の土に空気を入れてあげます。


2014.4.20.6


年数が経って下の地層が固くなると、水はけや通気性も悪くなるので必要になってきます。
また、芝生は根を刈ることで活性する場合もあるので、その効果も期待出来ます。
ゴルフ場の管理にも使われている作業です。


2014.4.20.7



近くの様子です。


2014.4.20.8



最後に【目土】を入れていきます。

目土を入れる事で芝生の育成を促します。

2014.4.20.9


先程、エアレーションで空けた穴に入れ込む様に、目土を広げていきます。

空気穴に目土が入ることで、バクテリアが活性し、土壌の改良に繋がります。

2014.4.20.10

また、芝生が剥げていたりしてヘコんでる所にも入れて発育時に均等になるようにします。

2014.4.20.11

仕上げにたっぷりと散水をしてあげます。


2014.4.20.13


今回行ったエアレーションなどの作業はじわじわと効果が出てくるので、芝生の成長期に元気な姿になっていくのが楽しみですね。



福岡県で芝生のお手入れに関する事は、【庭樹 中村造園】にご相談下さい

福岡県朝倉市 雑木と成長するお庭 剪定してきました。

朝倉市 G邸

数年前に施工させて頂きました雑木をメインにしたシンプルな雰囲気のお庭です。



施工して数年経ったこともあり、樹々がだいぶ成長していました。

先日、剪定をさせて頂きましたのでご覧下さい。

2013.10.4_1


敷地が広く、余裕のあるお庭でしたので比較的成長の早い雑木を植えています。


2013.10.4_3



最初の剪定でしたので、思い切って間を抜いた剪定をしています。

2013.10.4_2


反対側の様子です。


2013.10.4_5


さっぱりしますね。


2013.10.4_4


剪定前

2013.10.4_7


    剪定後↓↓↓↓↓

2013.10.4_6



正面の様子です。


2013.10.4_8


           剪定後↓↓↓↓↓↓


2013.10.4_9


ご主人と奥さんがこまめに管理されているのが伺えて、とても嬉しくなりました。

雑木林のような雰囲気も好きですが、年に一度は剪定ですっきりされるのもいいですね。


福岡県でお庭の剪定をお考えの方は、庭樹 中村造園へお任せく ださい

PAGETOP